スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 GNCC スタッツのまとめ

最高峰クラス XC1 の Final Statistics です......



GNCC XC1 Final Points Standings ≫XC1 全一覧 ≫上位20台

Pos. Pts. # Rider 昨年のランク  Team
1 313 #2 ウィブリー P. 2 GEICO JG Racing
2 293 #3 ストラング J. 3 FMF Makita Suzuki
3 286 #5 ムリンズ C. 5 FMF Makita Suzuki
4 220 #6 ジャレット J. 6 GEICO JG Racing
5 215 #116 ケニー N. 4 Shock Doctor KTM
6 169 #10 ホーク B. 10 Am-Pro Yamaha

実力者が順当に上位を占めた2009年度のGNCCでした。昨年度ランク2位のウィブリーが初のタイトルを獲得。ウィブリーとしてはナイトがスポット参戦した第9戦スノウシューで彼に勝ちたかったところですが、ブッチ切られてしまったのがちょっと残念。最終戦まで縺れ込んだタイトル争いに手が届かなかったストラングは開幕戦ラストラップでのトラブルが悔やまれます。昨年はケガでシリーズ中盤の欠場を余儀なくされた2003年度チャンピオンのホークはなんとか最終ランク6位を維持。今季は第7戦マウンテンリッジでの3位表彰台が最高位とちょっと寂しい感じもしますが、37歳という年齢の彼にとっては若手のツワモノ相手にこれが精一杯という感じは否めません。ここ数年、KTMが4連覇中のGNCCでしたが、ナイトの後を引き継ぐケニーカセリが連覇を達成することができなかったことも残念。今季より最高峰のXC1にステップアップした昨年度XC2チャンピオンのデュバルも最終ランク12位と低迷。速さは持ち得ながらもムラのあるシーズンとなってしまいました。まだ19歳ですから来季の活躍に期待。

スタンディングの推移... Top 10


優勝
ウィブリー P. 5 1 1 1 1 1
ストラング J. 5 1 1 1 1 1
ムリンズ C. 1 1
ケニー N. 1 1
ナイト D. 1 1

表彰台
ウィブリー P. 10 2 1 3 2 1 1 2 1 1 3
ストラング J. 9 3 1 1 1 1 3 2 1 3
ムリンズ C. 9 1 2 3 3 3 2 3 2 2
ケニー N. 4 3 3 2 1
ジャレット J. 4 2 2 2 2
ナイト D. 1 1
ホーク B. 1 3
カセリ C. 1 3

トップ周回
ウィブリー P. 27 4 4 2 6 5 6
ストラング J. 26 2 4 3 3 1 4 7 2
ムリンズ C. 18 6 1 3 3 2 3
ナイト D. 6 6
ケニー N. 5 3 2
デュバル T. 1 1

ポイントリーダー
ウィブリー P. 10 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
ストラング J. 2 1 1
ムリンズ C. 1 1

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。