Final Statistics : 2009 モトクロス世界選手権

全15戦、2009 モトクロス世界選手権スタッツのまとめです......



MX1 ≫上位20台 ≫全一覧

Pos. Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 561 #222 カイローリ A. MX2 ITA Red Bull De Carli
2 525 #5 ナグル M. 6 ドイツ GER Red Bull KTM
3 508 #25 デサール C. 11 BEL LS Honda
4 497 #19 フィリッパーツ D. 1 ITA Monster Energy
5 495 #9 デ・ダイカー K. 3 BEL Teka Suzuki
6 485 #6 コピンズ J. 5 NZL Monster Energy

スタンディングの推移...( Top 10 )


マディコンディションとなった開幕戦のリザルトが前半戦のランク変動を複雑なものにしてしまった感がありますが、スウィッチしていきなりタイトル獲得のカイローリはさすが、といったところです。Holeshot King の異名を持つナグルも中盤戦からは安定した結果を出すほどに成長し、今季の目標に掲げていたトップ3を上回るランク2位はお見事。速さは群を抜く実力があるナグルに持久力と安定感が加わることにより、ドイツ人初のMX1タイトル獲得も近い将来、現実のものとなるでしょう。成長著しいデサールは来季、テカ・スズキからの参戦ということで今季以上の結果が期待できそうですし、ケガさえなければタイトル争いに加わっていたであろうバラガンも来季はファクトリー・カワサキからの参戦などなど、今季以上に面白く、且つ激しくなりそうな来季のMX1です。

総合優勝 ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
カイローリ 4 1 1 1 1
ナグル 2 1 1
デサール 2 1 1
デ・ダイカー 2 1 1
バラガン 2 1 1
フィリッパーツ 1 1
コピンズ 1 1
レオク T. 1 1

ヒート優勝 ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
カイローリ 9 1 1 1 1 1 1 1 1 1
ナグル 7 1 1 1 1 1 1 1 1
デ・ダイカー 4 1 1 1 1
デサール 3 1 1 1 1
バラガン 3 1 1 1
フィリッパーツ 1 1
レオク T. 1 1 1
ラモン S. 1 1

表彰台 ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
カイローリ 9 1 2 1 3 3 1 1 2 3
ナグル 7 2 1 2 1 2 2 3
デ・ダイカー 7 2 3 2 3 3 1 1
デサール 7 3 3 3 2 1 3 1
フィリッパーツ 5 3 2 1 2 3
バラガン 3 2 1 1
コピンズ 3 1 3 2
レオク T. 2 1 3
ラモン 2 2 2

トップ周回 ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
ナグル 189 14 9 34 37 20 8 22 16 21 8
カイローリ 94 28 3 16 1 18 6 22
デ・ダイカー 85 18 16 1 15 32 4
デサール 62 2 24 1 21 2 12
バラガン 38 7 9 22
フィリッパーツ 30 10 8 6 6
ラモン 22 2 4 16
マッケンジー 18 9 9
レオク T. 9 9
ド・ルーバー 9 4 5
コピンズ 1 1

最速ラップ ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
カイローリ 8 1 1 1 1 1 1 1 1
デ・ダイカー 6 1 1 1 1 1 1
ナグル 5 1 1 1 1 1
デサール 4 1 1 1 1
バラガン 2 1 1
フィリッパーツ 1 1
レオク T. 1 1
ラモン 1 1
マッケンジー 1 1

レッド・プレート ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
カイローリ 13 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
デ・ダイカー 1 1
レオク T. 1 1



MX2 ≫上位20台 ≫全一覧

Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 = 540 #25 ムスキャン Ma. 14 FRA Red Bull KTM
2 = 500 #5 ゴンサルベス R. 5 POR Red Bull KTM
3 = 437 #21 ポーラン G. 21 FRA Bud Racing
4 = 418 #39 グァルネリ D. 15 ITA Ricci Racing
5 = 390 #94 ロクスン K. - ドイツ GER Teka Europe MX2
6 = 332 #183 フロッサール S. 10 FRA CLS Kawasaki

スタンディングの推移...( Top 10 )


Top 10 の半数を占めるフランス勢、中でも最多となる6勝などスタッツを総ナメにし、昨年のランク14位からトップへと躍り出た成長著しいムスキャンでした。移籍に関するゴタゴタで第11戦(スウェーデン)に出場することができなかったものの、中盤からのレッドプレートをキッチリと守りきっての優勝はお見事。来季はゴンサルベス、グァルネリ、ブーグらがMX1へスウィッチする中、タイトル争いはムスキャンを筆頭にヤマハへ移籍するポーラン、そして年齢の関係で第5戦からの参戦にも関わらず、総合1勝、表彰台への登壇4回などランク5位にまで昇り詰めた15歳のロクスンを交え、今季に勝るとも劣らない白熱した展開になりそうなMX2です。

総合優勝 ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
ムスキャン 6 1 1 1 1 1 1
ゴンサルベス 4 1 1 1 1
ポーラン 2 1 1
ロクスン 1 1
ホービーク 1 1
オズボーン 1 1

ヒート優勝 ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
ムスキャン 13 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
ゴンサルベス 6 1 1 1 1 1 1
ポーラン 3 1 1 1 1
ロクスン 2 1 1
フロッサール 2 1 1
ボワシエ 1 1
シンプソン 1 1
オズボーン 1 1

表彰台 ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
ムスキャン 11 3 1 3 3 1 1 3 2 1 1 1
ゴンサルベス 7 1 1 2 1 1 2 2
ポーラン 7 1 2 2 3 3 3 1
ロクスン 4 1 2 3 2
フロッサール 4 2 2 2 3
ホービーク 2 2 1
ボワシエ 2 3 2
ブーグ 2 3 3
オズボーン 1 1
ルーランツ 1 2
シンプソン 1 2
オーバン 1 3
ラリエ 1 3
バーブルッゲン 1 3

トップ周回 ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
ムスキャン 215 20 4 8 28 37 20 20 32 15 31
ゴンサルベス 165 8 31 29 12 4 20 28 10 19 4
ポーラン 40 2 17 21
ロクスン 34 2 16 11 5
シンプソン 32 2 30
フロッサール 30 18 12
オズボーン 17 17
ボワシエ 11 11
ホービーク 7 7
タルー 7 7

最速ラップ ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
ムスキャン 17 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
ゴンサルベス 2 1 1
ポーラン 2 1 1
フロッサール 2 1 1
シンプソン 2 1 1
ロクスン 1 1
オーバン 1 1
ホービーク 1 1
タルー 1 1

レッド・プレート ITA BUL TUR BEN POR CAT GBR FRA GER LAT SWE BEL CZE NED BRA
ムスキャン 10 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
ポーラン 5 1 1 1 1 1

コメント


管理者のみに表示

トラックバック