Ready to Motocross of Nations : Team USA

ネイションズ仕様のマシン、ライディングギアなど、カリフォルニア州ペリス・レースウェイでお披露目をおこなったチーム・USAです......

いよいよ2週間後(10月4日)と迫った2009 モトクロス・オブ・ネイションズ。準備万端のチームUSAは優勝候補の筆頭であることに変わりはありませんが、一筋縄とはいかない激戦が予想されます。今年はライブ映像も見れますし、楽しみですね~。
(参照:http://www.racerxonline.com/ http://motocross.transworld.net/



http://www.racerxonline.com/



http://www.racerxonline.com/


http://blog-imgs-18.fc2.com/m/o/t/motorsweb/navi_bg.jpg);background-repeat : repeat-x; padding-top : 5px;padding-left : 5px;padding-right : 5px;padding-bottom : 5px;line-height : 1.4em;">関連記事
チーム・アメリカ 2009 モトクロス・オブ・ネイションズ... 2009.08.18
2009 モトクロス・オブ・ネイションズ エントリー一覧... 2009.09.05

http://blog-imgs-18.fc2.com/m/o/t/motorsweb/navi_bg.jpg);background-repeat : repeat-x; padding-top : 5px;padding-left : 5px;padding-right : 5px;padding-bottom : 5px;line-height : 1.4em;">関連DVD
2007 モトクロス・オブ・ネイションズ
通常の選手権がメーカー色の強いものであるのに対し、その枠を越え、ライダーの出身国別対抗で争うのが「ネイションズ」。2007年、20年ぶりのアメリカ上陸。ヨーロッパ勢をメリーランド州バッズクリークにて迎え撃つ地元AMA勢といった図式のなか、カーマイケル率いるチームUSAが強さを見せます。お祭りムードの中でも真剣なオールスターゲームの雰囲気。(DVD:52分)
2006 モトクロス・オブ・ネイションズ
モトクロスのオリンピックともいうべきビッグイベント「モトクロス・オブ・ネイションズ」(旧名称:モトクロス・デ・ナシオン)。年に一度、トップライダーたちが国別に分かれ、自国の名誉のために争うモトクロスです。2006年は開催60周年の記念イベント。観客も、S・エバーツやJ・スチュワートらのスターライダーを見ようと75,000人、例年にも増して盛り上がりました。多数の設置カメラによる映像を収録。(DVD:52分)
2005 モトクロス・オブ・ネイションズ
2005年大会は、フランス・エルネーで開催。04年大会の覇者、WMXチャンピオンのS・エバーツを擁するベルギー、R・カーマイケル、I・テデスコ、K・ウィンダムと最強メンバーをそろえるアメリカなど、本作品には予選ラウンド、本戦3レースのダイジェスト、カーマイケル、エバーツらトップライダーのインタビューなども収録。一瞬ですが、日本人選手も映っています。(DVD:本編48分+特典19分)
~その60年の歴史~ モトクロス・オブ・ネイションズ
ライダーの出身国別対抗で争うネイションズは戦後間もない1947年に始まり、60年の歴史を誇ります。国家の名誉のために争うライダーたち。2007年の第60回記念大会の模様を軸に王者カーマイケルはもちろん、デ・コスター、エバーツらのレジェンド、若手のビロポートら関係者へのインタビューと過去の貴重な映像を交えながらその歴史を紐解いていきます。(DVD:71分)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

管理人の承認後に表示されます