最終リザルト : 2009 WRC 第2戦 ラリー・ノルウェー

WRC 2/12(木)~15(日)
2009 第2戦 ラリー・ノルウェー 路面:スノー
最終リザルト Points Standings(FIA)
WRC公式サイト FIA-WRC rallynorway
BP FORD CITROEN Stobart AUTOSPORT

15秒差で迎える最終日、シトロエンとフォードの最終決着はどちらが制したのか?......

Day 3 2009.02.15

最終ステージ・チャート...(総合上位10台)  1位 2位 3位  リザルト全一覧



タイム差...(10分以内の上位 8台)



2連勝...
いや~、逃げ切りましたね~、ローブ...。結局、最終日デイ3は上位陣のポジションがまったく変動せずに終了。開幕戦アイルランドに続いての勝利となったローブでした。ヒルボネンはこのスノー・ラリーでは勝ってかなければならない一戦だったんですけどね、残念でした。

2戦連続の4位...
ヘニングソルドの4位争いも楽しめましたね。開幕戦アイルランドに続いて連続4位と好調のヘニングです。

大健闘...
僅差で連なる後続との接戦を制し、06型クサラで6位と健闘したペターです。





Day 2 2009.02.14

ステージ・チャート...(総合上位10台)  1位 2位 3位



タイム差...(総合上位10台)



デイ1の最終SSでヒルボネンがペースを調整して2位へ下がったことで“雪かき役”を担うことになったローブだが、3連続のSSトップタイムなどをマークしながら首位をキープした。「とても厳しい1日だった。雪が多く、僕が雪かき役をすることになった。でもヒルボネンの前にいることができているのはいいことだ」とローブ。一方、ヒルボネンはこの日、一度もSSトップを奪うことができなかった。

ラトバラに次ぐ4番手でデイ2を終えたのは、母国で上位を狙うヘニング(フォード・フォーカスRS WRC)。SS14でトップタイムを奪うなど好調で、SS16でミスコースを喫したシトロエンのナンバー2、ソルドに12秒の差をつけている。

ソルドに続き6番手を走るのは、自チームを率い旧式のシトロエン・クサラWRCを駆るペター。SSでも常に上位につけ、ポイント圏内を維持する活躍をみせた。

一方、シュコダ・ファビアWRCを駆って初日6位と健闘していたアンダーソンは、SS13でクラッチ・トラブルが発生。無念のリタイヤとなってしまった。

同時開催のプロダクションカー世界ラリー選手権はサンデル(シュコダ・ファビアS2000)がデイ1に続きトップをキープしている......(参照:autosport web

さて、残るは最終日、ローブは逃げ切ることができるか? 15秒差で追うヒルボネンは一発を賭けた勝負に出てくるんじゃないかと...。その後方、ヘニングとソルドの4位争いもオモシロそうですし、ペターとウィルソンの6位争いも僅差ですね。注目したいと思います...。





Day 1 2009.02.13

ステージ・チャート...(総合上位10台)  1位 2位 3位



タイム差...(総合上位10台)



トップ争いは、フォード対シトロエンのエース対決となった。自チームを率いて参戦したペター(シトロエン・クサラWRC)は5番手と健闘。ペター同様に今季のシートを失った元スズキのアンダーソンはシュコダ・ファビアWRCを調達、連続トップタイムをマークするなど、ペターに続く6位でデイ1を終えている。

ここノルウェーが09年の開幕戦となるPWRCは、サンデル(シュコダ・ファビアS2000)がトップ。新井敏弘(スバル・インプレッサWRX STI)はラリー前のシェイクダウンでエンジンから異音を感じたため急遽交換を決意。5分のペナルティを負ってのスタートで巻き返しを図ろうとしていたが、SS3へ向かうロードセクションで「電気系の問題だと思う」というエンジン・トラブルでデイ・リタイアとなった... (参照:autosport web

短期間で整えた新生チームで大健闘しているペターです。アンダーソン、そして兄のヘニングとのポジション5位争いがオモシロくなりそうですね。スズキの撤退でシートを失ったアンダーソンはさすが北欧出身、健闘してます。そして熾烈なトップ3の首位争いはどうなるのか?デイ2のリザルトに注目です。





事前情報 2009.02.11


ペター・ソルベルグ・ワールドラリー・チーム...
スバルの撤退でシートを失ってしまったペターが自身の名を冠した新チームで母国ラリーに臨みます。06型クサラを駆るペターのリザルトに大注目。

フォード勢が有利か?...
スノー・ラリーとなる第2戦ノルウェー。2007年ラリー・ノルウェーの覇者ヒルボネン(Ford)、そして昨年はシリーズ唯一のウインターラリーとなったスウェーデンでWRC史上最年少優勝の記録を打ち立てたラトバラ(Ford)、この北欧フィンランド出身の両者を有するフォード勢が圧倒するラリーとなるのか?

対するシトロエン勢は...
開幕戦ターマック路面のアイルランドで1-2フィニッシュを果たしたシトロエン勢のローブソルド。彼らにとって決して得意のサーフェースではないスノーラリーでフォード勢に挑みます。

新井敏弘が出場...
P-WRCの開幕戦となるこのラリー・ノルウェーには日本から新井敏弘(Subaru Team Arai)が出場。2007年度P-WRCチャンピオンの新井敏弘。リザルトに注目です。

LIVE RESULTS
 日程  日本時間  現地時間  ステージ
 Day 1 2/12(木) ss01 28:00~  20:00~ ss01
 Day 1 2/13(金) ss02 17:03~ ss09 23:40~  09:03~ ss02 ~ ss09
 Day 2 2/14(土) ss10 15:53~ ss17 24:14~  07:53~ ss10 ~ ss17
 Day 3 2/15(日) ss18 15:33~ ss23 21:44~  07:33~ ss18 ~ ss23



WRC ポイント & スタッツ 開幕戦アイルランド終了時...

全一覧
Pos +,- Pts Nat  Driver 昨年のランク  Team  Profile
1 = 10 フランス  ローブ S. 1 Citroen Total Loeb S.
2 = 8 スペイン  ソルド D. 3 Citroen Total Sord D.
3 = 6 フィンランド  ヒルボネン M. 2 BP Ford Abu Dhabi Hirvonen M.
4 = 5 ノルウェー  ソルベルグ H. 8 Stobart VK M-Sport Solberg H.
5 = 4 オーストラリア  アトキンソン C. 5 Citroen Junior Atkinson C.
6 = 3 フランス  オジェ S. 21 Citroen Junior Ogier S.
※アトキンソンはノーエントリー...

Win
ローブ S. 1 1

Podium
ローブ S. 1 1
ソルド D. 1 2
ヒルボネン M. 1 3

Stage Top Time
ローブ S. 11 11
ヒルボネン M. 5 5
ラトバラ J-M. 1 1

Rally Leader
ローブ S. 14 14
アーバ U. 2 2
ラトバラ J-M. 1 1


Points Reader
ローブ S. 1 1

コメント


管理者のみに表示

トラックバック