スバル、WRCから撤退を表明...

WRCの活動を休止すると発表したスズキに続き、スバルが撤退を表明。日本メーカーが皆無となってしまうWRCの行く末はどうなってしまうのであろうか?......

相次いで撤退傾向にあるモータースポーツ界、その余波がWRCへも及んできた。スバルにとってWRCへのワークス参戦は“生命線”であるはず。日本の大手同業社と一線を画する証しであるWRカーへの参戦を打ち切ってしまうことが果たしてベストな選択なのだろうか。WRCに参戦し続けてきたことがスバル・ブランドを国内のみならず世界に知らしめてきた成果であり、“スバリスト”と呼ばれる熱狂的なファンの存在も生み出してきた由縁である。この撤退表明は更なる業績の悪化を派出することになるのでは?とさえ危惧してしまう。ファンのみならず、WRCのメディア関連にとっても大打撃である。
休止としたスズキに対し、スバル側は復帰する予定はないと言う。シトロエンとフォードの2社だけとなってしまうWRカーに果たして何の意味があるのだろうか。興味半減である。つい先日のラリーGB放映の中で、引退したグロンホルムがスバルで復帰するかも知れない、というナカニ~からのコメントがあったばかりなだけに、なんとも唐突で残念な決断である。経済情勢の悪化による各界への影響は計り知れないものがあり、今後のモータースポーツ界への波及とその応対に注視したい。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

管理人の承認後に表示されます