リザルト : モトクロス世界選手権 第11戦 ベルギーGP

モトクロス世界選手権 8/3(日)
第11戦 ベルギーGP
リザルト  Points Standings
ヤマハ(MX1) ヤマハ(MX2) スズキ ホンダ カワサキ
Yamaha(MX1) Yamaha(MX2) KTM motocrossmx1.com
総合3連勝の上の人。レッド・プレートは #11が遂に獲得です......

Video : WMX 第11戦 ベルギーGP  4分34秒

第11戦 ベルギーGP・レポート : スズキ ホンダ カワサキ ヤマハ(MX1) ヤマハ(MX2)


MX 1

 Race 1 ラップチャート...(上位10台 + α )


 フィニッシュの間隔...(上位10台)



 Race 2 ラップチャート...(上位10台 + α )


 フィニッシュの間隔...(上位10台)



上位スタンディングの変動...


遂に首位へ浮上...
ディフェンディング・チャンピオンのラモン(#11 Suzuki)が遂にレッド・プレートを獲得です。この母国GPで表彰台へ上がることはできませんでしたが、崩れることなくコンスタントにポイントを積み上げました。第3戦からレッド・プレートをキープし続けていたフィリッパーツ(#19 Yamaha)、遂に陥落です。

ますます混戦になってきたトップ・グループ...
3戦連続の総合優勝を挙げたバラガン(#7 KTM)と母国GPで総合2位を獲得したデ・ダイカー(#9 Suzuki)がポイントを大きく積み上げ、首位争いのグループに接近してきました。これまで3台だったトップ・グループ争いは5台に膨れ上がり、ますますオモシロくなってきたMX1です。

今季初のヒート1位...
前戦の南アフリカを欠場したド・ルーバー(#14 Honda)、復帰したこのベルギーのヒート1で今季初の1位フィニッシュ。第5戦イタリアでは総合優勝(3-3)を勝ち取りましたが、ヒートでの1位フィニッシュは今季初となります。

MX 1 Points Standings (第11戦 ベルギーGP 終了時) 全一覧
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat.
1 362 #11 S.ラモン 1 BEL
2 360 #19 D.フィリッパーツ 6 ITA
3 = 345 #6 J.コピンズ 3 NZL
4 = 336 #9 K.デ・ダイカー 5 BEL
5 331 #7 J.バラガン 10 ESP
6 = 306 #90 S.プーセル 4 FRA

 スタンディングの推移...(上位10台)





MX 2

 Race 1 ラップチャート...(上位10台 + α )


 フィニッシュの間隔...(上位10台)



 Race 2 ラップチャート...(上位10台 + α )


 フィニッシュの間隔...(上位10台)



上位スタンディングの変動...


初優勝!...
キャリア初の優勝を飾ったクレスティノフ(#37 KTM)です。今季、これまでのベストは開幕戦オランダでの13位。一桁順位を一度も獲得したことのないライダーがベルギーを制しました。オランダもサンド・コース、このベルギーのロンメルもサンド・コースということで砂が好きなようですが、それにしても総合優勝というのは快挙です。

キャリア初のヒート3位...
ネイションズのベルギー代表に選出されたヴァン・ホーレビーク(#89 KTM)、発奮したのか、この母国GPで初のヒート3位を獲得。総合も今季ベストの5位(6-3)でスタンディング7位へ浮上です。

ローランツも大健闘...
ネイションズの代表候補にも選ばれていたローランツ(#34 KTM)が母国GPでキャリア・ベストの総合6位(4-5)。代表入りからは漏れてしまいましたが速さはあるライダーなので、将来のベルギーを支える一角となりそうです。

今季初の総合ポディウム...
総合2位(3-4)でスタンディング5位へ浮上したゴンサルベス(#10 KTM)です。

from USA...
オズボーン(#338 Yamaha)は総合14位(26-8)と奮いませんでした。

MX 2 Points Standings (第11戦 ベルギーGP 終了時) 全一覧
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat.
1 = 452 #4 T.ラトレイ 4 RSA
2 = 432 #2 T.シール 2 GBR
3 = 357 #222 A.カイローリ 1 ITA
4 = 312 #24 S.シンプソン 24 GBR
5 279 #10 R.ゴンサルベス 11 POR
6 274 #131 N.オーバン 6 FRA

 スタンディングの推移...(上位10台)







以下、事前情報です...↓↓↓


MX 1 事前情報 2008.08.01

現在の上位ポジション...


注目の首位争い...
微妙な差で連なる上位3台。第3戦からレッド・プレートをキープし続けているフィリッパーツ(Yamaha)、その差を詰めるべく母国GPでの勝利を狙うラモン(Suzuki)、離されずに喰らいつきたいコピンズ(Yamaha)、この3台の着順に要注目です。

総合3連勝なるか?...
スウェーデン、南アフリカと連勝している絶好調のバラガン(KTM)、このベルギーをも制し3連勝なるか?

復帰...
7月中旬にこのロンメルでの練習中に脚を痛め、南アフリカを欠場したド・ルーバー(Honda)が戦列復帰です。後続には地元ベルギー勢が迫りつつある混戦のポジション争い。このグループの着順にも注目です。

Laps Led... after Rd.10


今季のベスト・リザルト... after Rd.10
Pos. 総合 ヒート
1 #19 D.フィリッパーツ ITA 優勝 1位
2 #11 S.ラモン BEL 優勝 1位
3 #6 J.コピンズ NZL 優勝 1位
4 #9 K.デ・ダイカー BEL 優勝 1位
5 #7 J.バラガン ESP 優勝 1位
6 #90 S.プーセル FRA 優勝 1位
7 #12 M.ナグル ドイツ GER 2位 1位
8 #211 B.マッケンジー GBR 4位 2位
9 #8 T.レオック EST 3位 3位
10 #14 M.ド・ルーバー オランダ NED 優勝 2位



MX 2 事前情報 2008.08.01

現在の上位ポジション...


突き放すか?詰め寄るか?...
カイローリ(Yamaha)の離脱でラトレイ(KTM)とシール(KTM)の2台に絞られたMX2の首位争い。その差は微妙に開いています。大きく崩れることがないライダー同士だけに、この一戦でポジションが入れ替わることはないでしょう。首位の座を確実なものとしたいラトレイ、その差を縮めたいシール、どちらが前でフィニッシュするか?終盤戦が楽しくなるかならないかの分岐点となりそうなベルギーGPです。

後続は...
僅差のオーバン(Yamaha)とゴンサルベス(KTM)のポジション争いがオモシロそうです。着順に注目。母国GPとなるヴァンホーレビーク(KTM)の活躍にも期待したいところ。

Laps Led... after Rd.10


今季のベスト・リザルト... after Rd.10
Pos. 総合 ヒート
1 #4 T.ラトレイ RSA 優勝 1位
2 #2 T.シール GBR 優勝 1位
3 #222 A.カイローリ ITA 優勝 1位
4 #24 S.シンプソン GBR 3位 2位
5 #131 N.オーバン FRA 3位 1位
6 #10 R.ゴンサルベス POR 4位 3位
7 #121 X.ブーグ FRA 4位 4位
8 #89 J.ヴァン・ホーレビーク ベルギー BEL 7位 6位
9 #183 S.フロッサード FRA 3位 3位
10 #13 M.モンニ ITA 2位 2位


昨年(2007)のベルギーGP 総合 Top 3
MX1 MX2
1位: S.プーセル (1/6) 1位: D.グァルネリ (4/3)
2位: D.フィリッパーツ (7/1) 2位: T.シール (1/10)
3位: T.レオック (6/2) 3位: R.ゴンサルベス (2/9)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック