ホンダなど二輪4社、値上げを検討...

値上げラッシュの波がバイクにまで及んできましたね......


ホンダ、ヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の二輪車メーカー4社は30日、アルミや樹脂などの原材料費高騰を受け、二輪車の国内販売価格について、改良発売時などに値上げを検討していることを明らかにした...(source:産経ニュース
アナログの新聞には2~3%の値上げと書いてありました。仮にモトクロッサー80万円として2万円前後のアップとなる計算です。

川崎重工業は原材料費の高騰に対応し、日米で二輪車の値上げに踏み切る。それぞれの車種のモデルチェンジに合わせる形で、2009年中に全車種の販売価格にコスト増加分を上乗せする...(source:日経ネット
2~4%という数字が出てます。来年には値上げが敢行されるようです。

日本の二輪車メーカー4社は30日に4社合同記者会見を開き、4社それぞれがモデルチェンジや新型車投入にあわせて、原材料の上昇分を一部製品の国内価格に転嫁することを検討すると表明した...(source:日経ネット
カワサキがすでに値上げの検討に入っていたことを受け、他社が追随したのでしょうか。赤信号、みんなで渡れば怖くない?...。二輪の出荷台数が前年同期比 22.1% 減という数字に驚きましたが、コストのユーザー転嫁がさらにマイナス効果を派生させることにならなければよいのですが...。良いバイクに期待してます。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック