スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リザルト : AMA Supercross 第15戦 セントルイス, MO

第15戦 セントルイスAMA Supercross 4/19(土)日本:4/20(日)
第15戦 セントルイス, MO
リザルト Point Standings
ヤマハ(SX) ヤマハ(East) ホンダ カワサキ
Yamaha AMA公式サイト
さて、リード(Yamaha)はキッチリと走れたのでしょうか? ライツ東地区は最終のタイトル決戦、結果や如何に?!......

SX リザルト
http://www.brightcove.tv&viewerSecureGatewayURL=https://www.brightcove.tv&cdnURL=http://admin.brightcove.com&autoStart=false' base='http://admin.brightcove.com' name='bcPlayer' width='486' height='412' allowFullScreen='true' allowScriptAccess='always' seamlesstabbing='false' type='application/x-shockwave-flash' swLiveConnect='true' pluginspage='http://www.macromedia.com/shockwave/download/index.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash'>

負傷中のリード(Yamaha)、順位は?...
肩を痛めている状態での出走となるリード(Yamaha)、果たして何位でフィニッシュできるのか?が気になるところでした。ヒートではラップタイムがトップ・グループよりも2秒弱遅く、5位で通過というかなり抑えた走りをしていたリード(Yamaha)、決勝での走りが心配されましたが、その決勝ではファステスト・タイムを記録、力を温存していたようで、キッチリと2位でのフィニッシュです、このラウンドも含めて残り3戦、後続のウィンダム(Honda)との点差は16点、無理してトップでフィニッシュする必要はありませんが、ウィンダムとの着順を計算しながらそこそこの上位でフィニッシュしたかったこのセントルイス、上出来の結果となりました。このラウンドで今季3勝目を挙げたウィンダムとの点差は13点に縮まりましたが、残るは2戦、無難に上位で走りきればタイトルを手中へ収めることになりそうなリードです。

ホンダ、チームメイト同士のポジション争いは...
引き続き、ショートとミルサップスのスタンディング3位争いは、今回はショートのほうに軍配が挙がりました。今季、3度目のポディウムです。ポジションが入れ替わるまでには至っていませんが、その差を3点にまで縮めたショートです。ミルサップスはスタートに失敗したんでしょうか、ほとんど後方からの追い上げとなってしまいましたが、それでもキッチリと6位まで上がってくるところはさすがです。この2台によるポジション争いは次戦も注目です。
結果として3位という上出来のショートでしたが、欲を言えば、ウィンダムの援護となるようにリードを追い詰め、間に入って欲しかったところです。

若手とベテランのポジション争いは...
ヒル(Yamaha)とフェリー(Kawasaki)、こちらのポジション争いも先週同様、僅差での接戦です。前回はこの勝負を制したフェリーですが、今回はオープニング・ラップでクラッシュ、リタイアとなってしまったようです。これによりこのポジション争いは終結するのかと思いきや、ヒル(Yamaha)も序盤に大きくダウン、這い上がれずに周回遅れでのチェッカーとなってしまったため、この2台による僅差でのポジション争いは続行となります。
このセントルイスでのフェリーはまったくツイていない状態で、ヒートでも最終ラップのクラッシュで不通過、LCQもその影響か途中でやめてしまい、シード権を行使しての決勝進出でした。

他...
相変わらずシャキッとしないヴィーラマン(Suzuki)、LCQからの決勝進出で12位。ライツ西地区からのスポット参戦はT.ハーン(Kawasaki)、ブレイトン(KTM)、リアドン(Honda)など。ハーンは5位、ブレイトンは7位と健闘。リアドンは決勝へ進めませんでした。

主なライダーのラップチャート...全一覧


フィニッシュの間隔...全一覧


SX Points Standings (第15戦 セントルイス 終了時) 全一覧
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Reg.
1 = 318 #22 C.リード 2 FL
2 = 305 #14 K.ウィンダム 4 MS
3 = 244 #118 D.ミルサップス 15 FL
4 = 241 #29 A.ショート 16 TX
5 = 196 #40 J.ヒル Lites OR
6 = 190 #15 T.フェリー 3 FL



Lites 東地区 リザルト
http://www.brightcove.tv&viewerSecureGatewayURL=https://www.brightcove.tv&cdnURL=http://admin.brightcove.com&autoStart=false' base='http://admin.brightcove.com' name='bcPlayer' width='486' height='412' allowFullScreen='true' allowScriptAccess='always' seamlesstabbing='false' type='application/x-shockwave-flash' swLiveConnect='true' pluginspage='http://www.macromedia.com/shockwave/download/index.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash'>

ルーキーのカナード(Honda)、タイトルを獲得!...
いやはや、ヴィロポート(Kawasaki)で決まりか?という展開になったかと思いきや、直後にミスっちゃいましたね。これによりタイトルを手中に収めたのはカナード(Honda)のほうでした。ヴィロポートは後退したとは言え、まだチャンスがありそうな5位からの追い上げ、しかしながらタイム差がちょっと厳しい状況だったことに加え、グラントの後ろという状況もネックだったかもしれません。もうあきらめてしまったような走りでの4位フィニッシュとなってしまいました。
シリーズ中盤まではカナードが独走していたライツ東地区、その後のヴィロポートの逆襲により僅差でのタイトル決戦となったこの最終戦セントルイス、終わってみれば首位の座を一度も明け渡すことなくチャンピオン・プレートを獲得したカナード(Honda)です。

混戦のセカンド・グループ、最終ランクは...
僅差での争いとなった最終戦、また変動しました。残念なのはシリーズ前半の健闘で上位に位置していたこともあるダヴァロス(KTM)、この最終戦はDNSで大きくダウンしてしまいました。おそらくプラクティスのセッション1で体を痛めたのではないか?と思われ、ナイト・プログラムへの進出を決めていながらも未出走となってしまいました。

他...
今季、タウンリーの代役として抜擢されたフレンチ・ライダーのコワジ(Honda)はまったく奮わず、最下位の22位。シリーズ前半ではスタンディング3位に昇り詰めながらも、その後は下がりっ放し、最終ランク11位で幕を閉じることになりました。

上位ライダーのラップチャート...全一覧


フィニッシュの間隔...全一覧


スタンディングの推移...全一覧

Lites 東地区 最終 Points Standings 全一覧
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Reg.
1 = 147 #48 T.カナード - OK
2 = 137 #2 R.ヴィロポート 1 WA
3 = 99 #341 N.イズィ - MI
4 94 #77 B.ジェスマン 4 PA
5 91 #20 J.グラント 7 CA
6 86 #391 T.バウワーズ - KY




SX Class 事前情報 2008.04.18

現在のポジション...


リード(Yamaha)の着順に注目...
先週末のプラクティス中に転倒・負傷してしまったポイント・リーダーのリード(Yamaha)、このセントルイスへの出場の可否が気になるところでしたが、出場する)ようです。肩を痛めている状態(肩甲骨・骨折)での出走、果たして何位でフィニッシュすることができるのか?後に続くウィンダム(Honda)との差は16点、まだ余裕があるかと思いますが、先週のような二桁順位に終わってしまえばその差は一気に縮まる可能性もあります。リードとウィンダム、この2台の着順の関係に注目です。

ホンダ、チームメイト同士のポジション争い...
引き続き、ショートとミルサップスのスタンディング3位争いが続きます。先週末の勝利で遂に3位へ浮上したミルサップスに対し、ショートも安定した成績を刻みながら追いすがる状況。この2台の着順に要注目です。

若手とベテランのポジション争い...
こちらのポジション争いも先週同様、僅差での接戦となります。ヒル(Yamaha)とフェリー(Kawasaki)、今回はどちらが前でフィニッシュするのか?着順に要注目です。

スタンディングの推移...




Lites 東地区 事前情報 2008.04.18

現在のポジション...


ライツ東地区、まさかの最終決戦...
カナード(Honda)の開幕からの3連勝で今季のタイトルは決まりかと思われたライツ東地区。その後のヴィロポート(Kawasaki)の逆襲3連勝に加え、先週末のカナードのミスによりその差はまさかの3点にまで縮まり、この最終戦でのタイトル決戦となります。今季の状況からしてこの2台のどちらかがトップでフィニッシュするのは必至であり、まさに一騎打ち、わかりやすい決戦となります。しかしながら、これを複雑にしそうなグラント(Honda)の存在が気に掛かります。カナードの僚友であるグラント、このタイトル争いの2台にどう絡んでくるのか?カナードの援護に回るのか?それともそんなの関係ね~(古...)とブリブリ走っちゃうのか?興味深いところです。

混戦のセカンド・グループ...
最大の注目はカナードとヴィロポートのタイトル決戦となりますが、こちらのセカンド・グループ内でのポジション争いも相変わらずの混戦となっています。僅差でひしめく最終ポジション争い、グループ内での着順に注目です。

コメント

今季はリードで決まりかと思いきや、ちょっとオモシロい雰囲気になってきましたし、ライツのほうも西はダンジー、東はカナードで決まりと思われたシーズンが僅差での最終決戦となり、見る側としては喜ばしい状況ですよね~。
今週末の西地区決戦も楽しみです!
んー、面白くなって来ましたねー!
最後まで、気を抜けないです。見る方も・・・。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。