スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リザルト : 2007 モトクロス・オブ・ネイションズ

モトクロス・オブ・ネイションズ 9/22(土)~23(日)
2007 Budds Creek, MD U.S.A
決勝リザルト 予選リザルト OFFICIAL 詳細リザルト
motocrossmx1.com buddscreek.com
アクシデントが多発した今年のネイションズ決勝、各国に対する雑感なんぞを...。

アメリカ...頭一つどころか、圧勝となったチームU.S.A、アメリカの強さってミスっても最後にはキッチリと上位にあがってくることですかね。カーマイケルはレース1で最後尾からのスタート(1周目は23位で通過していますが、スタート後のアクシデントでは一番ビリッケツだったように思います)それでも3位でフィニッシュ、そしてフェリーもレース2では30位台の後方集団から追い上げて4位でフィニッシュしちゃいましたしね。ビロポートは完璧な走りで序盤からブッチ切り、こりゃ手がつけられませんね。

南アフリカ...予選2位と絶好調のように見えましたが、決勝では惨敗してしまいましたね(12位)。予選で大活躍したスワニプールが奮わず、そしてエースのラングストンもレース1のほうでミスってしまいました。ラトレイに代わって代表入りしたエィヴィスもその役目を果たせませんでしたね。

オーストラリア...予選4位の原動力となったマクファーレンが未出走となってしまい失格、リードとバーンだけの出走で、参加することに意義があるというレースに終わってしまいました。

ドイツ...予選6位と好調のように見えましたが、決勝ではイマイチ(9位)に終わってしまいましたね。

フランス...予選8位と苦戦でしたが、終わってみればアメリカに次ぐ2位という嬉しいポディウム。プーセル弟とビーラマンを欠いてしまったにも関わらず、代役のオーバンが 6位/10位という大金星ララ(でしたっけ?って、おい、その年でルドイア見てんのか? はい、おじいさん先生も見てます...)。

イギリス...え~と、予選は9位と苦戦が予想されましたが、決勝では昨年の6位を上回る5位とキッチリ修正してきましたね。

イタリア...ポディウム候補と予想していましたが残念でしたね。結果としては昨年と同じの4位と決して悪くはありませんが、MX2王者のカイローリが両レースともに大失態をやらかしましたね。ライブリザルトでも泡食ってる様子が伝わってきましたからね。なんか昔のカイローリに戻ってしまったような失態でした。

ブラジル...AMAに参戦しているアントニオ・バルビJr.を擁するブラジルはB-Finalから辛うじて決勝へ進出、16位と健闘しましたね。
チーム・ジャパンの写真、こちらの外人さんブログにアップされてました。日本の雰囲気ムンムンのデカールで良ろしいんじゃないかと。エバーツ&カーマイケルの2ショットなんぞも...。

ネイションズ初の女性ライダーってどんなん?こんなんです。うわぁ、凄い腕...

AMAで活躍しているチーム・エクアドルのダヴァロス、残念ながら彼一人の活躍ではどうにもならずB-Finalへ回ってしまいましたね。このB-Finalではもちろんダヴァロスが1位となりましたが、ブラジル勢が2位、3位とまとめてきたので、エクアドルは決勝へ進むことができませんでしたね。

決勝 Live Results 観戦記 : 2007.09.24 記
さて、決勝はレース2までのライブリザルトを見終わったところでダウン、時刻は朝の4時半、次のレース開始は5時20分、それまで堪えることができないと判断し、就寝してしまいました...。

昼前に起床、さっそく最終リザルトを確認して驚いたのが日本の7位、思わず、おぉ!と声をあげてしまいました。なんせ初っ端のレース1で成田選手がブッ飛んでリタイアしてしまいましたからね。にも関わらずこの成績だったので驚き。レース1で序盤は10位前後を走っていた成田選手、おぉ、いい線いってるね~、とニマニマしてたところで名前が画面から消えてしまったので焦りましたよ。動いてくれ~!の思い届かずリザルト下段でストップ状態、ケガがなければ次のレースでまだチャンスはありますからね。負傷していないことをただただ祈るしかありませんでした。

続くレース2、熱田選手が終盤に粘りの走りで一気にジャンプアップ、いや~、凄かったですね。残り3周で12位から8位まであがりましたからね。お見事でした。そして増田選手もこのレース2では16位と健闘。これもチームに大きく貢献したリザルトとなりましたね。

と、ここでオネムになってしまったのでレース3は見てません。結果としては熱田選手がまたしても一桁の7位と大活躍、そして心配だった成田選手も出走できたようでホッとしました。

ドライ・コンディションで総合7位という結果は、正直、ビックリしました。なんとかギリギリ一桁(9位ぐらい)には入れるかな?...という予想をしていたもんで...。熱田選手の一桁連発に加えて、増田選手レース2の16位が効きましたね。今回、成田選手が転倒というアクシデントに見舞われてしまった中でのこの順位、チーム・ジャパンは確実にもっと上位を狙えるレベルであることを確信しました。

予選レポート : 2007.09.23 記
好調な国は...
強過ぎるアメリカ、ブッチ切りでピンピンピンの予選1位ですね。南アフリカはラトレイ不在にも関わらず予選2位、スワニプールが予想以上に健闘した結果かと思います。オーストラリアは私的には評価を低めにしていたんですが、マクファーレンが予想以上の健闘、リードがミスった穴をしっかり埋めてきましたね、これなら決勝も期待できそうです。他、ドイツも予想外の予選6位と大健闘。昨年は13位に終わってしまったドイツですが、今季、WMXではパッとしなかったシーファーとナグルがこのネイションズでは大健闘です。

苦戦の国は...
プーセル弟とビーラマンを欠いてしまったフランス、苦戦は予想していたことですが、予選8位に終わってしまいましたね。リーダー格のプーセル兄(6位)にもうちょっと頑張ってもらいたいですね。チームとしては決して悪い成績じゃないと思いますが、この辺のセカンド・グループのレベルが拮抗していて激戦になってしまった結果でしょうね。まだ予選ですから、決勝で挽回できるチャンスは充分あります。イギリスも予想外の9位という低めの結果となってしまいました。シールとマッケンジーの2強を擁する国なんですから、決勝ではもうちょっと頑張って欲しいものです。そしてまさかのニュージーランド、午前のプラクティスでタウンリーとハーリーが負傷、予選欠場で今年のネイションズを終えてしまいました(情報を投稿してくださった方、ありがとうございます)。コピンズのケガによるメンバー離脱といい、ニュージーランドはツイてないですね。唯一、無傷のクーパーはこのネイションズのためにAMAも走ったのに気の毒ですね。

欠場国は...
エントリーリスト内で未出走なのはハンガリー、クロアチア、ブルガリア、チャイナですね。リスト外ではギリシャが急遽、参戦してきました(結果:B-Finl)。その他、メンバーを急遽交代してきた国もいくつかありますが、無名国、無名ライダーなのでここでの言及は省略....。参加国リストのほうは全て修正しておきました。

予選 Live Results 観戦記 : 2007.09.23 記
OPEN...熱田選手、はい、一桁ですね。

MX2...増田選手、プラクティスどおりの順位、って感じですかね。これで熱田選手の結果を待たずして予選通過は確定したと思いますけどね。それよりも、ニュージーランド(タウンリー)が走ってないような気がするんですけど。未出走をワーストにしちゃって大丈夫、っていう余裕の作戦なんだろうか?わかりません...(追記:タウンリーとハーリーの2台が欠場となったようですから、予選落ちということになるんですかね...)

MX1...成田選手、まずまずですかね。スタートは失敗したようですが、ちゃんとそれなりの位置まで上がってきましたね。最終ラップで二桁になっちゃったのが残念でしたけど、予選だから最後は手を抜いたのかな?(それともコケた?)それにしてもオーストラリア(チャド・リード)はまさかの順位に終わっちゃいましたね。成田君の真後ろ(もしくは抜いた直後あたり)でコケましたよね。たぶんこのチャド・リードの成績がワーストになるんじゃないかと。オーストラリアが予選落ちなんかしたら洒落になりませんけど、バーンとマクファーレンがいるからたぶん大丈夫でしょう。

プラクティスは...
うぉ~、OPENの熱田選手が凄い位置に付けましたね。成田選手もまずまずじゃないかと...。こりゃ予選は楽勝でしょうね。それにしてもやっぱりアメリカはダントツですな~。

事前情報 : 2007.09.20 記
さて、いよいよ今週末ですね。自国の名誉を懸けたモトクロスの祭典、年に一度のモトクロス・オブ・ネイションズです。
1987年以来、20年振りの米国開催となるネイションズ、日本から追うライブで難儀な点は時差の問題、ヨーロッパでの開催は日本時間で当日の夜(ゴールデンタイム)となるので好都合となりますが、アメリカとでは昼夜が逆転しますのでライブで追うのがツラいですね。本戦決勝は日曜の真夜中(月曜の早朝)という時間帯になりますが、幸いなことに月曜は祭日なので、徹夜が可能となりますね。この週末の連休はどこへも出かけずに昼夜逆転の生活をし、予選、本戦ともライブリザルトを追いたいと思います...

2007年の参加国は...
北米での開催ということで、欧州からの不参加が目立ちますね。常連の有力国はもちろん参戦となっていますが、昨年の決勝進出国であるフィンランド、スロバキア、ノルウェーは不参加、他にもオーストリア、デンマーク、オランダ、ロシア、スロベニア、ギリシャなどが不出場となります。その分、中南米からの参加は増えていますね。AMAで活躍しているダヴァロスを擁するエクアドル、同じくAMAに参戦しているアントニオ・バルビJr.を擁するブラジルもつい先日に正式な参戦が確定、他、女性ライダーを含むプエルトリコ、そしてコスタリカ、ドミニカ、メキシコなどなど、決勝へ進むことができるのか興味深いところです。

優勝候補は...
やはり米国が頭一つ抜け出ているというのが大方の見解かと思います。スチュワートを欠いたチームU.S.Aですが、カーマイケル、ビロポート、そして代役のフェリーも申し分ありません。とにかく弾数の多い米国、他にもアレッシ兄、ショート、ウィンダム、グラントなどコンスタントに上位へ食い込むことができるライダーを抱えていますから、代役選びには不自由しませんね。
対する欧州などの有力国は主力メンバーの負傷離脱が相次ぎ、弾数の少なさからその代役を選ぶのも難しく、やや厳しい状況になってしまいました。当初、ベストメンバーであった時はポディウム争いが激化するであろうと思われましたし、あわよくば米国も喰ってしまうかも、という勢いもありました。ベルギー(ストライボス)、ニュージーランド(コピンズ)、南アフリカ(ラトレイ)、そしてフランスに至ってはプーセル弟とビーラマンの2台を欠いてしまうことになりました。この中ではフランスとニュージーランドが特に厳しくなりそうですね。2位、3位のポディウム争いは無傷のイタリアとイギリス、そしてベストメンバーではありませんがベルギー、南アフリカがこれに絡んでくるかと思われます。

チーム・ジャパンは...
目指すは過去最高の6位を上回る成績を...。国際舞台に強い熱田孝高、AMAの参戦経験が豊富な成田亮、ネイションズは4度目の出場となる増田一将、このトリオは2003年の6位獲得メンバーでもあり、現IA1のトップ3、日本としては最強のメンバーで臨むことができる状態です。マディ・コンディションにでもなれば俄然有利となるであろうチーム・ジャパンですが、今のところ予報では晴天みたいですね。まぁ、ドライでもギリギリ一桁順位は可能でしょう。まずは土曜の予選でお手並み拝見といきたいところです。ライダーの立場からしてみれば予選のほうが緊張するのでは?とも思いますが、日本の実力からすれば労せずして決勝へ進むことは間違いないですね。決勝へ向けてどのようなポジションを取るのか、他国との比較等、まずは予選を見守りたいと思います。

関連記事
2007 参加国 一覧 2006 リザルト 歴代優勝国一覧 日本代表アーカイブ 関連記事 一覧

2006 MX OF NATIONS モトクロス・オブ・ネイションズ
モトクロスのオリンピックともいうべきビッグイベント「モトクロス・オブ・ネイションズ」(旧名称:モトクロス・デ・ナシオン)。年に一度、トップライダーたちが国別に分かれ、自国の名誉のために争うモトクロスです。2006年は開催60周年の記念イベント。観客も、S・エバーツやJ・スチュワートらのスターライダーを見ようと75,000人、例年にも増して盛り上がりました。多数の設置カメラによる映像を収録。(DVD:52分)
2005 MX OF NATIONS モトクロス・オブ・ネイションズ
2005年大会は、フランス・エルネーで開催。04年大会の覇者、WMXチャンピオンのS・エバーツを擁するベルギー、R・カーマイケル、I・テデスコ、K・ウィンダムと最強メンバーをそろえるアメリカなど、本作品には予選ラウンド、本戦3レースのダイジェスト、カーマイケル、エバーツらトップライダーのインタビューなども収録。一瞬ですが、日本人選手も映っています。(DVD:本編48分+特典19分)

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。