最終リザルト : パストラーナ in ラリー・アルゼンチン

P-WRC 5/4(金)~6(日)
第3戦 アルゼンチン(路面:グラベル)
リザルト≫ Point Standings
WRC公式サイト≫ rallyargentina.com≫ rally-live.com
スバル≫ 三菱≫ Subaru Rally Team USA≫ www.swrt.com/
はい、やっぱりポイント圏には届きませんでしたね。いくつかのマイナートラブルはあったようですが、バックフリップすることなく完走しましたから上出来かと思います。まぁでも、やっぱりパストラーナですからね、派手な走りも期待してしまうわけですよ。ちょっとアッサリし過ぎかなって感じもありますね。初参戦のメキシコに続いてこのアルゼンチンでも極めて優等生的な走りのパストラーナでした。関連記事はスバルのサイトをご覧ください。まぁ、ちょこっとしか載ってませんけどね(レグ1レグ2レグ3)。次の参戦予定は最終戦のイギリスです


Leg 2 リザルト : 2007.05.06 記
さて、レグ2を終えた時点でのパストラーナの順位はこちら。ん~、真面目に走っているようですね。果たしてこれが攻めた走りの結果なのか、それとも参戦の主旨をわきまえた抑えた走りなのかはわかりません。立場としてはリタイアすることなく完走し、より多くの経験を積むことがミッションかと思います。なんとかポイント圏の8位までアップしてもらいたいところですが、残るレグ3は総距離も短いし、タイム差からするとちょっとシンドイですね。まぁ、最終日の結果を待ちましょう。

Leg 1 リザルト : 2007.05.05 記
レグ1のメインのSSがキャンセルになってしまった為、暇そうなパストラーナです。結局、これまで行われたステージはスタジアム内のスーパーSS2本のみ。パストラーナはレグ1を終了した時点で13位(総合では28位)。まぁ、この順位はラリー全体を大きく左右する順位ではないので、レグ2の結果を待ちましょう、って感じですね。

事前情報 : 2007.05.02 記
今季2度目のスポット参戦となるパストラーナ。行く末は最高峰のWRCを目指しての修行参戦となります。3月に開催されたラリー・メキシコで世界戦初デビュー、P-WRCで5位という好成績を残し、このアルゼンチンへの参戦、そして最終戦のイギリスと、全3戦の出場を予定しています。スポット参戦なのでスタンディングはあまり意味を成しませんが、メキシコでの好成績で現在9位。このアルゼンチンではフル参戦組のショーベリ(Subaru)、新井敏宏(Subaru)、奴田原文雄(Mitsubishi)らを相手に戦います。果たしてメキシコを上回る成績をあげることができるか?願わくばポディウムを!と祈っていますが、まぁ、リタイアすることなく、ポイント圏の8位以内なら上出来かと思います。正直、前回メキシコではぶっ飛んでリタイアしちゃうだろう、という予想に反して、パストラーナらしくない?シュアな走りで上位完走。今回は一発に賭けて派手に攻めてほしいな、とも思います。
尚、チームメイトのケンブロックはエントリーリストに載ってませんでしたね。(ブロックは前回メキシコではクラッシュでリタイア)

P-WRC 注目のスタンディング争い(第2戦メキシコ終了時) ※薄字は今回不出場
Pos. Pts Nat  Driver, 昨年のランク  Makes
1 12 フィンランド  K.ショーベリ - スバル
2 11 日本  新井敏弘 6 スバル
3 10 スウェディッシュ  O.スヴェルンド - スバル
4 10 イギリス  M.ヒギンス - 三菱
5 8 フィンランド  A.アレン - スバル
6 6 日本  奴田原文雄 2 三菱
7 5 ポルトガル  A.アラウージョ - 三菱
8 5 サンマリノ  M.バルダッチ 3 スバル
9 4 アメリカ  T.パストラーナ - スバル
10 3 チェコ  S.フォズテク - 三菱


【関連記事】:パストラーナ in ラリー・メキシコ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック