スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MXGP ラップチャート: 2016 モトクロス世界選手権 第6戦 ラトビアGP

MXGPのラップチャートラトビアGP/モトクロス世界選手権)とスポット動画などをアップです....

事前....開幕から表彰台を外していないルーキーのガイセル #243(T. Gajser)。首位フェーブル #461(R. Febvre)とのビハインドはわずか3点。レッドプレート攻防戦の結果は果たして?!

....ということで、以下、ラップチャートとスポット動画を....

Race1  ≫リザルト(pdf)
インターバル / ラップチャート Top 10 +


3周目、ホンダのガイセル #243(T. Gajser)がKTMのカイローリ #222(A. Cairoli)を抜いてトップに浮上....


15周目、ハスクのナグル #12(M. Nagl)がKTMのカイローリ #222(A. Cairoli)をパス。2位へ浮上....


他、カワサキのデサール #25(C. Desalle)はゲートに引っ掛かって大きく出遅れています。タイヤがガッチリと食い込んで、なかなか外すことができませんでした。同じくカワサキのサール #100(T. Searle)は中盤にマシントラブルでストップ。リタイアとなっています。

Race2  ≫リザルト(pdf)
インターバル / ラップチャート Top 10 +


オープニングラップの先頭争い。ホンダのガイセル #243(T. Gajser)が転倒。後ろを走っていたハスクバーナのナグル #12(M. Nagl)が避けきれずに転倒....

両者共、怪我が無くて良かったです。

7周目、ガイセル #243(T. Gajser)がサール #100(T. Searle)を押し出して9位まで挽回....

ちょっとヒヤッ...としましたね。転ばなくて良かったです。

11周目、ヤマハのフェーブル #461(R. Febvre)がKTMのカイローリ #222(A. Cairoli)をキャッチアップ。トップへ浮上....


ラスト2周、ガイセル #243(T. Gajser)がナグル #12(M. Nagl)をブロックパス。4位へ浮上....

1周目に転倒した両者。きっちりと上位まで挽回してくるところはさすがです。

他、スズキのストライボス #22(K. Strijbos)は上位を走っていましたが、クラッチカバーを破損してリタイア。カワサキのデサール #25(C. Desalle)は1周目に後ろからヒットされ、体を痛めてリタイア。残念でした。

....ということで、表彰台、スタンディングは以下の通りです。

表彰台
1 1 - 4 43 #243 Gajser, Tim SLO Honda Gariboldi
2 3 - 2 42 #222 Cairoli, Antonio 7 ITA Red Bull KTM
3 5 - 1 41 #461 Febvre, Romain 1 FRA Monster Energy Yamaha
ポイント スタンディング Top 10 第6戦終了時(全18戦)
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 = 260 #461 Febvre, Romain 1 FRA Monster Energy Yamaha
2 = 259 #243 Gajser, Tim MX2-1 SLO Honda Gariboldi
3 = 213 #222 Cairoli, Antonio 7 ITA Red Bull KTM
4 203 #12 Nagl, Max 6 GER Rockstar Energy Husqvarna
5 200 #89 Van Horebeek, Jeremy 5 BEL Monster Energy Yamaha
6 197 #777 Bobryshev, Evgeny 3 RUS Team HRC
7 143 #24 Simpson, Shaun 4 GBR Wilvo Virus Performance KTM
8 142 #22 Strijbos, Kevin 12 BEL Team Suzuki World MXGP
9 = 121 #259 Coldenhoff, G. 8 オランダ NED Red Bull KTM
10 116 #92 Guillod, Valentin MX2-4 SUI Kemea Yamaha

ホンダのガイセル #243(T. Gajser)が総合3連勝(通算4勝)、開幕から6連続の表彰台をマーク。首位フェーブル #461(R. Febvre)とのビハインドを1点差に詰め寄りました。

後方では、同じくルーキーのギーヨ #92(V. Guillod)が初のランクトップ10に浮上。ヒート1リタイアのカワサキのサール #100(T. Searle)がトップ10から消えています。

詳しくはホンダヤマハカワサキスズキなどのレポートで。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。