スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終リザルト : 2010 WRC 第7戦 ブルガリア

2010 WRC Rd.7 Rally Bulgaria 7/9(金)~11(日)
リザルト Rally Bulgaria
エントリーリスト ステージマップ Day1 Day2 Day3
rallyplus.net car.nifty.com
wrc.com wrc.jp FIA-WRC WRC on TV
Citroen BP Ford Stobart Munchi's
今季4勝目を挙げた上の車。最終ステージチャートをアップです......

Day 3 2010.07.11

初日からラリーリーダーの座をキープしたまま優勝のローブ(Citroen Total)でした。接戦の2位争いはソルド(Citroen Total)が逃げ切り、ローブに次ぐマニュファクチャラーズ2位を獲得する使命をきっちりとこなした模様。スポット出場の Frigyes Turan (プジョー)も総合8位と健闘しました。
全体としてはジュニアチームのオジェライコネンがドタバタしただけという雰囲気のブルガリアでしたね。このブルガリアの結果によるランク Top10 の変動は無し。ライコネンはデイリタイアで沈んでしまったものの、ターマックではフォード勢と対等に渡り合えることを実証したので次のターマック戦に期待です。詳しいレポートは上記リンク先などで。

Video ss14 Raikkonen, Loeb


最終ステージ・チャート  総合 Top 10 +α


タイム差  総合 Top 10



Points Standings  ≫全一覧
Pos +,- Pts Nat  Driver 昨年のランク  Team
1 = 151 フランス  ローブ S. 1 Citroen Total
2 = 100 フランス  オジェ S. 8 Citroen Junior
3 = 86 フィンランド  ヒルボネン M. 2 BP Ford Abu Dhabi
4 = 80 フィンランド  ラトバラ J-M. 4 BP Ford Abu Dhabi
5 = 78 ノルウェー  ソルベルグ P. 5 Petter Solberg
6 = 67 スペイン  ソルド D. 3 Citroen Total




Day 2 2010.07.10

ss7 がキャンセル)だったということはさておき、後続との差を更に拡げ首位の座を確固たるものとしたローブです。
その後方では 2位争いが激化。3位ペターがガンガン攻めて2位ソルドとの差を5秒弱にまで短縮。タイヤ選択が功を成したようです。
初日 Day 1 で順位を下げたオジエはこの Day 2 しょっぱなのステージで早くもフォード勢をキャッチアップして4位に浮上。
Day 1 をリタイアしたライコネンはスーパーラリーで復帰、フォード勢に勝るとも劣らない速さで Day 2 を走り切り 14位にまで浮上。他、詳しくは Car@nifty の記事などで。

残る最終日 Day3 はペターソルドの2位争いに大注目。逃げるソルドとしてはプライベイターのペターと無理に競ってトラブルよりも確実にマニュファクチャラーズ2位のポイントを積み上げたいところ。

Video Loeb Onboard ss9


ステージ・チャート  総合 Top 10 +α


タイム差  総合 Top 10





Day 1 2010.07.09

ステージトップタイムを連発しながら早くも独走体制のローブです。ソルドもきっちりと2位に付けていますね。さすが、ターマックでは圧倒的に強いシトロエン勢です。続くペターも新コ・ドライバーとのコンビながら上々の発進となっているようです。初のターマックということでグラベル以上のパフォーマンスに期待していたライコネンはその期待に応えるがごとく上位を走りながらも最終ステージでコースアウト、デイリタイアとなってしまったようです。残念...(Day2 再出走を予定)。ターマックでの表彰台を狙っていたオジエもコースアウトでタイムロス、残念でした。フォード勢はやはりパッとしないというか、シュアな走りで生き残る作戦でしょうか。他、詳しくは Car@nifty の記事などで。
Day2 はソルドとペターの2位争い、そしてポジションを落としたオジェがパッとしないフォード勢をキャッチアップできるかどうかに注目したいと思います。

Video オジエとライコネンのコースアウト映像


ステージ・チャート  総合 Top 10 +α


タイム差  総合 Top 10












事前情報 2010.07.07

約1ヶ月半のインターバルを経てシリーズ中盤戦に突入、今季初のターマックイベント、そしてWRC初開催となるブルガリアです。東ヨーロッパということで時差は -6時間、当日中に結果が出揃うのでありがたや。ターマックということでシトロエン勢の独壇場となるか? フォード勢のターマック対策の結果や如何に? 詳しくは car.nifty.com の直前情報などで。
余談ですが、フォードがオジェ(Citroen Junior Team)に来季のドライバーとしてのオファーを申し込んでいる模様)。シトロエン残留か、フォードにスウィッチかは今月中に道筋が明らかになりそうな雰囲気。尚、もしもオジェがフォードに加入しても現ドライバーのヒルボネンとラトバラがメインドライバーであることに変わりはないようです。

 日程  日本時間  現地時間
 Day 1 7/09(金) ss01 16:05~ ss04 22:10~  ss01 10:05~
 Day 2 7/10(土) ss05 13:43~ ss10 22:33~  ss05 07:43~
 Day 3 7/11(日) ss11 14:46~ ss14 18:34~  ss11 08:46~


WRC ポイント & スタッツ after Rd.6 ≫全一覧



スタンディング  総合 Top 10


Win SWE MEX JOR TUR NZL POR BUL FIN GER JPN FRA ESP GBR
ローブ S. 3 1 1 1
オジェ S. 1 1
ヒルボネン M. 1 1
ラトバラ J-M. 1 1

Podium SWE MEX JOR TUR NZL POR BUL FIN GER JPN FRA ESP GBR
ローブ S. 6 2 1 1 1 3 2
オジェ S. 3 3 2 1
ラトバラ J-M. 3 3 2 1
ソルベルグ P. 3 2 3 2
ヒルボネン M. 2 1 3
ソルド D. 1 3

Stage Winners SWE MEX JOR TUR NZL POR BUL FIN GER JPN FRA ESP GBR
ローブ S. 48 7 8 9 7 9 8
オジェ S. 23 6 1 5 5 6
ソルベルグ P. 21 7 5 5 3 1
ヒルボネン M. 11 6 3 1 1
ラトバラ J-M. 10 5 5
ソルド D. 7 1 1 1 3 1
ヴィラグラ F. 1 1
プロコップ M. 1 1
グロンホルム M. 1 1

Rally Leader SWE MEX JOR TUR NZL POR BUL FIN GER JPN FRA ESP GBR
オジェ S. 39 12 12 15
ローブ S. 33 3 11 11 7 1
ヒルボネン M. 19 17 1 1
ソルベルグ P. 15 10 1 4
ラトバラ J-M. 11 9 2
ソルド D. 6 1 1 2 2


http://blog-imgs-18.fc2.com/m/o/t/motorsweb/navi_bg.jpg);background-repeat : repeat-x; padding-top : 5px;padding-left : 5px;padding-right : 5px;padding-bottom : 5px;line-height : 1.4em;">WRC

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。